• Coulyne

うぬぼれた数だけ挫折する法則

何かと挫折が多い人生だと思える人の何割かが、挫折の数だけうぬぼれていたという場合があるものです。 本人にしてみたらうぬぼれていたつもりなどないのですが、調子に乗って、自分の収入や昇進した話などをペラペラと人に話してしまうと、なぜかその後すぐにうまくいかなくなるものです。 「話す」は、「放す」に通じるものと言いますが、調子に乗って自慢話などをしていると、好調だったものが手元から離れていきやすくなり、良い思いをした分だけ挫折感が大きくなります。 このことは、法則といっても過言ではないと思うのですが、一度で懲りて学ばない人は、その天国と地獄を繰り返すことになるのです。 どんなに好調でも、詳しく説明する義務もない人には、調子に乗って自慢話をしないことです。 「お陰さまでぼちぼちやってます。」とか「貧乏暇なしで忙しくさせてもらってます。」 たとえ絶好調でも謙虚さがにじみ出るこんな言葉はマルです。 「俺は期待されているんだ。」とか「給料は手取でも軽く○万円てとこかな。」などと調子に乗ってペラペラ語っているのはバツです。 とくに「儲かって笑いがとまらない」などと言っていると、やがては、笑い顔が凍りつくような羽目になってしまうでしょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと