• Coulyne

かあちゃん

お母さん、かあちゃん、おふくろ、ママ、など、母親の呼び方はたくさんあります。 よく観察していると、それぞれの家の親子関係がよくわかるものです。 子供の頃は、お母さんと呼んだ人が一番多いのではないかと思いますが、30過ぎてなお、「うちのお母さんは…」などと言っている男性はマザコン気味で、母親の意見には逆らえないタイプです。 また、いくつになっても、ママと呼んでいる女性は、晩婚の可能性があります。 とまあ、いろいろ書いてみましたが、本当は自分の呼びたいように呼べばいいのです。 母親は世界に一人です。 中には母親と気の合わないと感じている人もいるかもしれません。 うざいと感じている人もいるかもしれません。 しかし、母親の遺骸にすがって誰よりも泣くのはそういうタイプの人なのです。 お元気なうちに、優しい言葉をかけてあげて下さい。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと