• Coulyne

けじめをつける

ものごとに「けじめ」をつけることができる人は、面白いように先が開けていくものです。 仕事なら二足のわらじ、人に対してなら二股をかけているうちは、思うような展開にはならず、イライラしたりハラハラすることばかりです。 わずかなお金、少しの不安、そして寂しさのために、けじめをつけられないでいると、大切な信用を無くす可能性あり、さらに、もっと深刻な問題は、「時間」の無駄使いをしてしまう結果になることが、運気の低下につながるということです。 ひとつひとつのことを真剣に向き合っていることで、自然にけじめをつける習慣ができるようになるはずです。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと