• Coulyne

この時期は笑顔で

今夜は嘘のように涼しくて、エアコンがいらないどころか窓も半分閉めたくらいです。 このまま秋になるならいいのですが、涼しいのは今夜だけで、また明日からは暑い暑い夜になるようです。 早朝からは、女子のバレーボールとサッカーの試合が控えているせいか、ベランダに出て近所のマンションを見渡してみたら、いつもより窓の明かりが少ない気がします。 きっと朝早く起きて試合をみるつもりで、早めに床に就いた家庭が多いのでしょう。 お盆休みを控え、オリンピックも後半戦、甲子園も強豪が出揃う頃となり、普段の週末より、何だかソワソワされている方も多いかと思います。 こういうわくわくする雰囲気の時は、一年間を通してそんなにあるものではありません。 とくに子供の記憶には強く残る雰囲気なのです。 だからこそ、こういう時期にイライラしたりガミガミ怒るのはやめましょう。 家族揃って楽しく、お気に入りのスポーツを応援しましょう。 夫婦喧嘩も親子喧嘩も今はなしにして、お金のかからない思い出作りをするつもりで笑顔で過ごしましょう。 それができたなら、、ロンドンオリンピック全体が、良き思い出となってこの先何年も子供の記憶の中で輝いていることでしょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと