• Coulyne

ひとコマ清掃のススメ

お掃除が苦手な人は多いと思いますが、そんな人には、ひとコマ清掃をお勧めします。 毎日、少しずつ時間を見つけては、 キッチンの引き出しひとつだけ、整理ダンスの一段だけ、お風呂場の排水溝などというように、丁寧にしたとしても、大体30分以内で終わる場所を選んでするのです。 たかが30分だけれど、これを3日に一度でもよいから続けていれば、いつの間にか家の中も頭の中も、ついでに心の中も整理ができます。 また、これを習慣にしていれば、ひとつの場所に30分以上かかるほど散らかさない、あるいは汚さないようになってきます。 肝心なのは、最初から一気にしようと思わないことです。後で一気にしようと思うから、散らかし放題に散らかしてしまうからです。 あくまでもひとコマは30分として、多くても3コマ以上はしないようにすれば飽きないで掃除ができます。 ざっと掃除をするのとは違って、ひとコマ清掃は丁寧にするので、磨く、光らせる、真っ白にすることが可能になり、今まで汚れていて当たり前、押し込んであったのが当たり前だった場所が気になって来ます。 今日から3月です。 まだまだ寒い日が続きますが、春の日射しは鮮明に埃や汚れを映し出すものです。早速試してみてはいかがでしょうか。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと