• Coulyne

トイレットペーパーについての考察

ひとくちにトイレットペーパーと言いっても、シングル、ダブル、芯なし、柄入り、香り付きなど、本当にいろいろな種類がありますが、どんなに安い物でも、日本のトイレットペーパーは世界でトップレベルの品質ではないかと思います。 白く、柔らかく、横幅もありますが、海外のトイレットペーパーの多くは、ゴソゴソして、巻きもゆるく、横幅も数センチ短い物が多いのです。 また、水圧の関係もあるのでしょうが、アメリカを始めとする多くの国のパブリックなトイレでは、紙詰まり防止のため、トイレットペーパーをトイレに流すことはできません。 海外旅行から帰り、空港でトイレに入ると、まずは、トイレットペーパーが備え付けてあることに安堵し、白く柔らかいことに感激し、便器に流せることで大喜びするのは私だけではないでしょう。 おもしろいもので、どんなにお金がなくても、トイレットペーパーにだけはこだわりのある人がいます。 私もそのタイプなのですが、他の物は特売品大好きなのに、トイレットペーパーだけは何でもよくはないのです。 それも、その時々でマイブームがあり、白檀(びゃくだん)の香りつきにハマったこともありました。 他にはパルプ100%の柔らかダブル、牛乳パック再生混合、他数知れず。 これまで、あらゆるトイレットペーパーを試したので、好みを言ってもらえたら、「それなら〇〇製紙の 〇〇〇〇がいい」と答える自信かあります(笑)。 トイレットペーパーにまったく興味のない人には下らない話ですみません。 ただ、理由はわかりませんが、トイレットペーパーにこだわりのある人の家のトイレはなぜか清潔です。 便器に黒い輪の汚れがあるような家 に住む人は、少なくともトイレットペーパーにこだわりはないようです。 金運はトイレ掃除からといいます。 トイレ掃除が苦手な人は、まずは好みのトイレットペーパー選びから始めてはいかがでしょうか。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと