• Coulyne

バワハラ予備軍

たとえ大会社の社長でも、会社を出たら、ただの人です。 大学の著名な名誉教授も、神の手を持つと言われる脳外科医も、一歩外に出ればやはりただの人なのです。 人には仕事の顔と仕事を離れたときの顔というものがあるのですが、人格が高い人ほど、誰にも気を使わせない、ただの人でいられる時間を好みます。 利害関係のない人の中での会食や語らいを大切にします。 それに比べて、薄っぺらな人格の人は、自分が威張っていられる場所が大好きです。 本来は無礼講であるはずの飲み会の席すらも、自分に誰も気を使わないと言ってへそを曲げたりします。 断れない立場の人間に命令したり圧力をかけてくることを、バワーハラスメントと言いますが、人に気を使わせることが大好きな人は、バワハラ予備軍といっても過言ではないでしょう。 仕事を離れても、一緒に過ごしたいような気分になる上司の下では誰もが働きたいし、圧力ばかりかけてくる上司なら、仕事の付き合いだけでもうクタクタです。 どんなに高い役職や地位にあったとしても、そんなことはまったく問題にしないで付き合ってくれる仲間がいて、またそれが心地良いと感じる人は人間味溢れる人といえますが、あらゆる場面で気を使ってもらうことを望む人は、利害関係が消滅したとたんに、周りの人間も消滅していきます。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと