• Coulyne

今を生きる

どうでもよいことはいつまでも覚えているのに、忘れてはいけないことはすぐに忘れてしまうものです。 高齢者の方は、若い頃の記憶は鮮明なのに、昨日のことやさっき受けた電話の内容は忘れてしまう傾向があるようですが、それでも輝いていた若い頃の記憶があれば、それを繰り返し子供や孫に話したり、あるいは友人らと語らう楽しみがあるのです。 繰り返し語られるそれらの話は、家族からしてみたらもう暗記してしまえるほどの内容かもしれませんが、ご本人からしたらまだ話してなかったと思えるのかもしれませんし、何度話しても語り尽くせない思いがあるのだと思います。 だからこそ、若い頃は輝いていましょう。自慢話のひとつやふたつはもてるように努力をしましょう。 年老いてしまえば、中年以降の記憶は、遠くおぼろげに薄れてしまうのです。 まだ年老いてもいないうちから自慢話をする必要はありません。 それは老後の楽しみにとっておいて、若い皆さんは、自慢話のネタ作りをするつもりで今を生きていきましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと