• Coulyne

口のききかた

目上の人には敬語を使いましょうなどとよく耳にするのですが、私は目上の者が目下の者に発する言葉の方もかなり気になります。 目下の人間に気分のままに当たり散らしたり、わがままを言うことを、当然の権利のように思っている人がいるからです。 この手のタイプの人に限って、「最近の若い者は、口のききかたを知らない」などとよく言うのですが、実は自分もいい年をして口のききかたを知らない部類に入ります。 口のききかたを知らない人と似ているタイプに、口の悪い人、というのがあります。簡単に言うと、人に向かって、ブスだのトロいだのとデリカシーに欠ける物言いをする人のことです。 2つのタイプは似ているようでじつはまったく違い、口のききかたを知らないタイプの人はすぐに感情的になるのに対して、口が悪いと言われる人は感情的にはなりません。 例えば、前者のタイプは自分の欠点を指摘されると烈火のごとくぶちギレますが、後者のタイプは人の欠点も言う代わりに、自分の欠点を指摘されることにも寛大だという傾向があるのです。 上手に年を重ねている人は、自分が言われて嫌な思いをしたことは、人には言わなくなり、ガミガミどなることはやめて、自分が手本となる努力をするようになるものです。 若いならまだしも、いい年をして口のききかたを知らないことは問題です。ある程度の年齢になったら若い人のお手本となるような、言葉使いをするように心がけましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと