• Coulyne

嘘について

今まで一度も嘘をついたことのない人はいないかもしれませんが、自分を守るための嘘をついた経験のある人が一番多いのではないかと思います。 しかし、嘘をつくのと同じようによくないのは、人を攻撃することです。 自分の情況が悪くなったとき、嘘をついて自分を守る人と、嘘はつかないけれど、即座に相手の落ち度を見つけて反撃に出る人がいます。 自分の非を認めてすぐに謝ってしまえば相手もすぐに忘れてしまうようなことでも、嘘をつくと話がこじれて長引きます。まして反撃などすると、相手には怒りに加えて恨む気持ちも芽生えます。 また、自分自身が隠し事や嘘の多い生活をしていると、何かにつけて自分は嘘をつかれているのではないかという考え方をします。 そうなると、こちらは嘘をついたつもりなどまったくなくても、相手が嘘をつかれたと感じた時点で嘘をついたことになってしまうので面倒なことになります。 この世に嘘がなかったら、もめごとも離婚も裁判沙汰も起きないのではないかと思うのですが、実は、嘘である程度カムフラージュすることによって、それらの争いごとが半減しているともいえるのです。 嘘もつきたくないし、反撃にでる知恵もない人は、何となく口のうまい人に利用される確率が高くなります。 嘘とは本当に厄介なものです。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと