• Coulyne

地獄に墜ちる

あんな奴は地獄に堕ちればいい! などと物騒なことを言う人がたまにいますが、そういう人には、「そんなことを言われるほど人に嫌われている人は、きっと地獄に墜ちますからご安心下さい。」と言うことにしています。 本来なら、そんなことを言う人をたしなめるべき立場なのですが、実際のところ、そこまで人に嫌われてしまう人は、一人、二人の人に嫌われているのてはなく、恐らくたくさんの人からマイナスの波動が飛んできているので、いつもイライラしているものです。 いつもどこかが痛いのも辛いのですが、常にイライラしているのも辛いもので、人に当たり散らすことが多く、その結果また嫌われるという悪循環になり、だんだん人が離れて行き、最後は家族とも疎遠になっていくので、その姿を見て、地獄に墜ちるというのではないかと思われます。 人を恨んではいけないといいますが、恨まれないようにすることはすべての基本です。 悪さをする霊を退散させる霊能師はたくさんいますが、恨まれるようなことをした結果飛んでくる念をシャットアウトする霊能師はほとんどいないのではないかと思います。 人から嫌われたり恨まれたりする言動は、極力避けて生きていきましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと