• Coulyne

天と地ほど

自分の思うようにならないから、人生は面白いのですが、やることなすことすべてが思うようにならなければ、気持ちがめげてしまいます。 そんなときには、本当に叶えたいことは、二つだけにしてみてください。 そうしたら、一つでも叶えば、五割の確率で思うようになったことになるからです。 欲張っていくつも願うから、たとえその中の一つが叶っても、かなりの確率の低さで叶ったか、まぐれでうまくいったくらいにしか思えないのです。 勝ちグセがある人の思考は、確率を考える習慣があり、負けグセがある人の思考は、叶えられなかったいくつかのことばかりを考える習慣があります。 つまり、結果は同じだったとしても、勝ちグセのある人はとても満足した気持ちで、「また今度も半分叶った」と喜び、負けグセのある人は、「また今回もほとんどダメだった」と、いじけてしまうのです。 神様は公平なのに、思考習慣の違いによって、感じかたに天と地ほどの差があることを覚えていてください。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと