• Coulyne

少しの勇気

一緒にいてもそれなりに楽しい人なのだけれど、別れての帰り道、なんだかほっといる自分に気がつくときがあります。 その人は、気を遣わせる人かもしかれないし、仕切り屋かもしれませんが、異性だとしたら、嫌われたくなくてすべて相手に合わせていたのかもしれません。 いづれにしても、こういうタイプの人とは、長い間一緒にいることは無理だと思う方が正解です。 食事や映画でとめておくべきで、二人で旅行などしたら必ず後悔することになります。 困ったことに、相手からしたらあなたは気が合う人だと思われているはずなので、なにかと誘われる事になってしまうのですが、断れきれずに出かけては、また後悔する繰り返しになります。 こうなることを避けるには、気が進まないときや長時間になるときは会わないで、少し距離をおく必要があるのです。 その結果、関係がギクシャクすることになったとしても仕方ありません。いずれにしても嫌になってしまうのだから、無理して合わせていたところで単なる時間稼ぎにすぎないからです。 しかし、一番いいのは、「あなたのここを直してくれたら、私は嬉しい」と伝えることです。 ポイントは「嬉しい」という言葉で終わらせることで、間違っても、「下さい」で終わらせないことです。 もし思い当たる人がいて、これかも付き合っていきたい相手だとしたら、少しの勇気を出してトライする意味は大きいはずです。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと