• Coulyne

忘れてはいけないこと

たくさんの人を喜ばせて、人は大人になるものです。 この世に生まれて喜ばれ、笑った、歩いた、話した、すべてを歓声で迎えられ、小学校に入学したとき の写真がない人などはいなのです。 辛くて、何もかもが嫌になってしまったときには、自分の存在が、確かに人を喜ばせた日々があったことを思い出して下さい。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと