• Coulyne

悪口を言わない

お金のない人に限ってお金を大切にしないものですが、友人の少ない人も、やはり友人を大切にしない傾向があります。 お金と友人はよく似ていて、どちらも大切にする人のところに自然に集まって来るものなのです。 大切にしないのは、すぐにまた手に入るだろうと考えているからなのですが、実際のところそんなに現実は甘くはありません。 だからお金がない人に珍しくお金が入ったり、友人もいなかった人に新しいともだちができると、周りの人に「ほら見て」と、言わんばかりの行動に出るのですが、それを「見栄をはる」と言います。 縁ができたことへの感謝の気持ちは無く、それを手にした自分が偉くなったような気分でいるからでしょう。 大切にするとは、悪口を言わないということです。 給料が安いから…. これっぽっちじゃ… これらはすべてお金に対する悪口です。 あんな人だと思わなかった 色々やってあげたのに これらは友人に対する悪口です。 繰り返しますが、金、人は大切にして悪口を言わない人のところに集まります。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと