• Coulyne

懲りてまた

好きな人に対しての採点は甘くなりがちです。 何でもステキに見えて、欠点など何一つ無いようにも思える時期もあるくらいです。 まさに、「あばたもエクボ」という状態でしょう。 ずっとそんな気持ちが続けばいいのですが、一年もするとだんだん気持ちは醒めてきます。 醒めるということは冷静になるということで、冷静になれば、判断も的確になるものです。 そのあたりになると、うまい具合に欠点も出尽くすので、冷静な目で見て、それらが我慢の限界を超えるようなものでないなら、お互い様として目をつむるのですが、暴力的な性格と浮気についてなかなか許しがたいことのようです。 なかには両方を併せ持つ人もいるのですが、そうなるといくら他に良いところがあったとしても将来的に必ず別れることになります。 懲りたはずなのに、再三同じようなタイプの人を好きになる人もいます。 端から見ていると「何でまた!」と思うかもしれませんが、決して懲りていないわけではないのです。 むしろ懲り過ぎてしまい、別れた相手は、「もう、思い出したくもない奴」になっているのです。 思い出したくもないから忘れてしまう。忘れているからまたやってしまうということなのでしょう。 同じような失敗を繰り返すのも困りますが、「思い出したくもない」などと思われている人よりは、ずっとましかもしれません。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと