• Coulyne

手放す勇気

欲張りと貧乏性は、まったく違うように思うかもしれないけれど、じつは同じ行動をすることが多いのです。 例えば不要品。 貧乏性の人は、いつかまた使うことがあるのではないかと思うので、捨てられません。 欲張りの人は、せっかくお金を支払って買ったものを、人にあけるのが嫌なのです。 不要品を処分できないという点では同じです。 貧乏性の人も欲張りな人も、なかなか自分のスタイを変えられず、また、そんなに楽しそうに生きている感じがしないのですが、その訳は、両者とも、一度つかんだ物を離さないということになるのではないかなと思います。 持ち物に限らず、付き合っている友人、関わっている案件など、時々はこれで良いかと確認し、場合によっては手放す勇気をもつことこそ、幸せになる近道かもしれません。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと