• Coulyne

新しい夫婦のかたち

どういうわけか、二年前からご夫婦でカウンセリングに来られる方が多くなりました。去年からは。一人掛けだった来客用の椅子も、二人掛けのソファーに変えたくらいです。 今日も一組、新潟からご夫婦で来らた方がいらっしゃいましたが、これは数年前まではなかった傾向なのです。 ご夫婦で来られる方のほとんどは30㈹なのですが、高度成長時代もバブルも知らない世代のせいか、見栄を張ることはなく、お互いの悩みも弱みもさらけ出しているので、こそこそ一人で来る理由もないのかもしれません。 これが、もう少し上の世代になるとこうはいきません。自分の弱みを配偶者に知られたくない人がほとんどだからです。 夫婦間の秘密が離婚につながることがとても多いのですが、中高年の離婚が多いのも、そのせいではないかと感じています。 うちに限らず、医療の受診、お金の相談、法律相談などすべて、夫婦で行く人たちが増えれば増えるほど、日本の離婚率は下がるのではないかと期待しています。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと