• Coulyne

時間の無駄使い

これまで、なるべく人とは争わなよスタイルで生きてきたつもりです。 自分が謝ることで話がスムーズにいくと感じればすぐに謝るし、これ以上相手と話をしていてもらちがあかないと感じたら、できる限りの譲歩をしてすぐに交渉を打ち切ってきました。 なぜなら勝ち負けは、私にとってどうでもよいことだからです。だから、ことさら勝ち負けにこだわる人に対しては、あまり関わらないように生きてきたと思います。 こんなことをいうと、とても軟弱に生きてきた人のようですが、そうではなく、私にしてみたら忘れ物を取りに戻ったりする時間がもったいないと思うのと同じ感覚で、人と争っている時間というのは、実にもったいないものだと感じた結果なのです。 人は生まれるときに、自分の魂が決めた一生のプランというものを持って生まれて来ているのではないかと思っています。 そのプランに沿って生きている人生を「順調」というのだとしたら、人と争ったりして、本来の計画上の時間をどんどん無駄使いするようなことをしている人生は、決して順調とはいえません。 無駄使いした時間は、その人の人生のターニングポイントとなるべき、就職、独立、結婚、出産といったものの時期を遅らせる働きをします。 時間は決して後戻りはできません。 事情にもよりますが、後でどうにでも取り返しのつくお金のために争って、貴重な時間を使うようなことだけは、極力さけるべきだと思っています。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと