• Coulyne

機嫌よく暮らす

斎藤ひとりさんの「上気元の魔法」という本に、いばる人はゴキブリより嫌いだと書いてありました。 なぜなら、いばる人は必ず機嫌が悪い人だからだそうです。 それを読んだ私は、目からウロコの思いでした。 今までは、機嫌が悪い人と、いばる人は別だと思っていましたが、確かに、いつも上機嫌でいる人は決していばらないものです。 機嫌が悪い人というのは、いばることで他人のエネルギーを横取りし、さらに雰囲気を悪くし、そこにいる人のやる気まで奪います。 また、ミスをした部下を怒鳴り付ける上司は、すでにその前から機嫌が悪かったから怒鳴り付けるのだし、いたずらをした子供をひっぱたく親も、同じく、前から機嫌が悪かったからひっぱたくのです。 とくに感情の不安定な女性は、女性特有の理由をあれこれ並べて、いろいろ機嫌がよくなれないことの言い訳をします。 しかし機嫌の悪い女性から周囲の人間が受ける悪影響の方が、そんな理由の何倍も大きいのです。 機嫌が悪くなる理由をあれこれ考えている暇があったら、機嫌が良くなる努力をしましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと