• Coulyne

相手に求めること

人に何かを求めるとき、相手に何を求めているのかを、自分自身で明確にしていなければ、求めていた人とは全く違う、ただ簡単に近づいてきた人の世話だけしなければいけない状況になってしまうことがあります。 一人で家にいるのが寂しいなら、何かを習いにあるいはジムに通ったり、食事会を企画するのもいいでしょう。経済的に厳しいなら節約に心がけ、家賃の見直しをすべきなのに、安易な気持ちで異性に頼って同棲など始めてしまえば、それらの問題は解決されないまま、精神的にイライラすることばかりの日々が始まります。 そういう人に、同棲したからには結婚したい相手だったのかといえば、少なくとも今の状態では結婚は考えられないという人が多いのです。 同棲を簡単に始めた人に限って、自分の求めるものが相手になかったとしてもだらだらと続けて、時間の無駄使いをするのに比べ、慎重に始めた人に限って、自分の求めるものが相手にjなかったと感じたら打ち切るのも早いのですが、それは相手に求めるものが、曖昧かはっきりしているかの違いなのです。 自分の曖昧さが招いたことの始末は自分でしなくては、自分だけでなく、相手のためにもなりません。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと