• Coulyne

私生活を充実させる

仕事は好きなんだけれど、職場の人間関係がちょっとね、と言う人がいれば、その反対に、仕事はつまらないけれど、周りの人がいい人ばかりで、などと言う人もいます。 だから、いつも人間関係でつまずいて転職を繰り返す人もいれば、仕事が嫌になって自分に合う仕事は何かを求めて転職をしとてみる人もいるわけです。 しかし、割りきって考えてみれば、そもそも嫌で当たり前なのが仕事です。 イヤな性格の奴はどこにもいるし、飽きない仕事などはなく、たまたま仕事が楽しくても、それは一時のこと、仕事は、刑務所に入ってもさせられるのだから、よほどおもしろくないことに違いない、くらいに思ってみるこです。 仕事はあくまでお金を得る手段であって目的ではない、と考えてみるのもいいでしょう。 たまに仕事が好きだと言う方もいますが、遊ぶことはもっと好きで、寝ることはさらにもっと好きなはずなのです。 仕事は嫌いで大いに結構ですので、他での楽しみを持ち、同僚なんて所詮は会社にいるときだけの関係だからと腹をくくりましょう。 仕事に生きがいを持とうだとか、会社で親友を作ろうなどと考えてしまうのは、それまでの私生活に問題があるので、まずは私生活を充実させましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと