• Coulyne

節分だから

東洋の占いの世界では、節分を境に新しい年となります。つまり節分明けから新年になるわけです。 そんなわけで、例年、一月、二月は、新しい年の展望を踏まえた相談で、私の鑑定ルームは一年のうちで一番忙しい年になっています。 なかでも最近は男性のお客さんの割合がかなり増えているのですが、そのほとんどは、仕事に関する相談で、私が得意とする分野なのですが反対に私は恋愛相談は苦手なのです。 苦手なことをしてお金を頂くことは心苦しいので、数年前から恋愛のみの相談はお受けしていないのですが、その当時は恋愛相談のお客さんも多かったので、決断するにはかなりの勇気がいりました。 しかしそれ以来、お客さんの相談が、これから先のことについての内容にと、はっきり変わって来ています。 つまり恋愛の相談は過去を振り返ることが多いのに比べて、恋愛以外の相談では、過去を振り返ることはほとんどないということになります。 今日はいよいよ節分です。 戻りたいだとか、昔は良かったなどと、過去と今を行きつ戻りつしている暇があったら、未来に向けての思考に切り替える良いチャンスではないでしょうか。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと