• Coulyne

若返りホルモン

寒いせいか、歳のせいかわかりませんが、最近は夜の外出が本当に嫌いになりました。 外食はランチでも充分だと思うようになり、夜は孫と一緒にお風呂に入いるので、八時にはもうパジャマを着ています。 そんな話を三十代半ばの男性のお客さんにしたところ、意外なことに、「わかります、わかります」とのことてびっくりしました。 その方は独身なのですが、友達がバパになると、みんな夜の外出を嫌がるのだそうです。 私は自分の子供でもないのに、同居をしているからすっかり子供中心の生活になっているのです。 先日テレビを見ていたら、南雲クリニックの院長先生が、若返りのホルモンは、22時から2時までの睡眠でとれるのだと言っていましたが、肌のためにはその時間の睡眠が黄金の時間になるということは、もう随分前から定説とされています。 私は八時にパジャマを着ていてもベットに入るのは黄金の時間が過ぎた頃になります。 頭のどこかで、パジャマを着て寝たつもりになっているだけで若返るとでも思っているのかもしれません。 先日、額に深いシワを発見しました。 やっぱり「つもり」ではだめなのだと思い知りました。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと