• Coulyne

負けず嫌い

ひとくちに負けず嫌いな性格といっても二種類あり、何かにつけて、トップまたは上位にいないと自分が許せないタイプと、人に謝ることが嫌いなタイプとがあります。 前者のタイプは、アスリートに多く見られ、知り合いの中にいたらちょっと大変なのは後者のタイプです。 ところが後者のタイプは意外に多く、特にこのタイプ同志が喧嘩になると肝心な本題はどこかにいってしまい、謝れ、謝らないでもめる、とても低レベルの争いが展開されます。 しかし正統派の負けず嫌いは、人と競っているように見えても、いつも自分と戦っているので他人と争うことはめったにありません。 今こうしている時間も、どこかで低レベルの争いをしている人たちが数えきれないくらいいるのでしょうが、本当の負けず嫌いの人は、納得のいくまで勝つための練習や準備に励んでいることでしょう。 大人たちが、じつに下らないことで勝ったの負けたの、謝れ、謝らないなどとやってみせている姿勢が、子供たちのいじめに何らかの影響を与えているような気がしてなりません。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと