• Coulyne

近寄りたくない人

友達になるのが難しいタイブはというと、私の場合は、変にお金がある人かもしれません。 真っ当に働いて、それに見合った収入であれば、たとえ長者番付に載るような人とでも気分よく、気後れすることなく付き合えると思うのですが、収入源が曖昧なのに、なぜかお金があるという人は、とても不気味な感じがします。 なぜ不気味かというと、ものすごい邪気を感じるからです。 悪徳なやり方で報酬を得ている人をじっと観察していれば、私に限らず霊感のある人の目には、何となく黒い人に見えてしまうはずです。 それはどんなに色白であっても、黒く見えてしまうのですが、体の中にある、人からの怨みや毒とか膿のようなものを感じるからでしょう。 また、人に言えないやり方でお金を手に入れた人と一緒に遊んでなどいると、道徳心、倫理観まで麻痺してしまい、最悪の場合は、関係者として、警察から事情を聞かれる場合もあるかもしれません。 友達が何を仕事にしていようが、関係ないと思うかもしれませんが、悪どいやり方で蓄財をする人は、お金のためならいとも簡単に嘘をつき、約束は守らないので結局は友達にはなれないのです。 人に言えないようなことまでしてお金を手に入れる人は、お金さえあれば他人からも一目置かれて、自分のことを好きになってもらえると思い込む傾向があるのですが、確かにお金はみんな好きかもしるません。 しかし、お金を持っている人を好きなわけではないのです。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと