• Coulyne

逢いたかった人

以前から一度お目にかかりたいと思っていた方に逢うことができました。 その方は、笑顔を絶やさず、明るくてひょうきん。そして若いときに苦難な時を経験されていました。 こういう人が成功者しないなら、誰も成功しないと思いました。凡そ、成功するために必要なものを、すべて兼ね揃えている人のように私には見えました。 その方のお話で心に残ったのは…、 成功するとはどういうことか…、成功とは、人のためにどれくらい貢献したこととイコールになります。 人生には、上り坂、下り坂と、まさか がある。その“まさか”は、じつは下り坂とセットになっていることが多いのです。 なるほどね。確かにそうねとうなずきながらお話に聞き入りました。 その方とは、“斉藤ひとり”さん。 握手した手はとても柔らかく、全身が金色のオーラに包まれていました。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと