• Coulyne

運は内野ゴロ

私は野球のことはあまり詳しくないのですが、「ナイスキャッチ」と「内野ゴロ」くらいはわかります。 運というものは、天から降って来るから、それを「ナイスキャッチ」すれば良いと思っている人がいるかもしれないけれど、実際は「内野ゴロ」のように、走って追いかけてつかむもので、ましてや、ただつっ立ってグローブを構えていたところにたまたま入ることなどは有り得ないのです。 まずは自分の立ち位置をはっきりさせて、瞬時に前後左右どちらにも走れるようにしてつかみとらなければいけないのが運なのです。 運は空から降ってくるようなつもりでいたら、永久につかむ日はやってこないでしょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと