• Coulyne

風化させないように

六月に台風が上陸したのは八年ぶりのことだそうです。 そんなことを聞いたら、ふと八年前の今ごろは何をしていたのだろうかと思ったのです。

何もかも変わってしまったようにも思えるけれど、一番変わったのは、災害に対しての気構えが真剣になったことかもしれません。

震災以来私たちの危機管理体制が大きく変わりました。

犠牲になられた方のことを忘れず、あらゆる災害を風化させないようにすることが、私たちの努めなのだと思います。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと