• Coulyne

アンテナ

何も慌てる必要がないし、し忘れたこともないのに、胸の奥の方がザワザワとして落ちつかないときがあります。 自律神経やホルモンバランスが乱れてもそのような焦燥感を感じてしまうのですが、どんな理由にせよあまり気分のよいものではありません。 何かよくないことが起きそうで胸騒ぎがして落ちつかないとき、それは守護霊が何かを伝えたいためのメッセージだと言う人がいますが、私はそうではなく、自己防衛本能というアンテナに、何かを自分自身がキャッチしたというように考えるべきだと思うのです。 なぜなら、自分の人生なのだから、自分はのんきに構えて守護霊に全てを丸投げするようなことはすべきではないからです。 常に自分のアンテナの感度を良好にしておくことで、あなたを陥れたり騙そうとしている生身の人間からの波動や邪気を直接的感じ取れるようになるものです。 例えば、自分に対してあまり好意的きではないと感じるような相手がいるとき、自分も好きではないのだ から仕方がないという言い方をよくしますが、それはお互いに嫌いの波動を送りあっている結果です。 何か胸騒ぎがしてそわそわしてしまうときには、深く深呼吸をして眼をつむり、自分のアンテナが何に反応しているのか確かめてみましょう 。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示