• Coulyne

イメージ

今年は本当に春が待ち遠しく、ダウンコートをしまったり出したり 、モコモコのガウンもしまったのをまた出してきて着たりしています。 ひな祭りあたりからほとんど気温が変わっていないような気がしていますが、寒さに追い撃ちをかけるように週末の雨が続いています。 こんな時は、まずは穏やかな春の陽射しを思い浮かべ、そこで楽しいことをしている自分をイメージすると、後になってデシャブのように現実化することが多いのですが、、子供の頃と違って楽しいことをするにはお金がかかることが多いせいか、さっき頭に浮かんだ私のイメージは、銀行のATMでお金を引き出している自分でした。 ところで、イメージして願ったことを叶える秘訣があります。 あまりガッツリ願うとだめで、軽くフッと願うことを何度か繰り返すのがコツです。 また、軽くフッと願うためには、頭や目を意識するのではなく、軽く目をつむり、鼻の奥のあたりを意識して願うことです。 花粉症で鼻がつまっている方は、まずは、鼻の通りをよくしてからやってみて下さい。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと