• Coulyne

天気予報

そろそろ梅雨入りのせいもあってか、昨日の暑さとはうって変わって雨模様になりましたが、最近の天気予報は精度が高いので、予報の通り夜半から雨になりました。 今では当たり前に流される天気予報ですか、戦争中は天気予報どころか、ラジオのアナウンサーが天候について語ることは一切禁止されていたのだそうです。 それは、敵にラジオを傍受されている可能性があったためで、爆撃機を飛ばす方にしてみたら、敵地の天候 は喉から手がでるくらい欲しい情報だったからなのですが、毎日天気予報が流れると言うことは、平和の象徴といえるのかもしれません。 それでは、今のラジオのアナウンサーやパーソナリティーの方たちは、自由に何でもおしゃべりできるのかというと、じつはそうでもなく、リスナーに高齢者が多い早朝の番組などでは、パソコンとかメールといった言葉を極力使わないようにしていると聞いたことがあります。 しかし、これは優しい思いやりからのことのようです。 つまり、人が言葉を口にするのを思いとどまるとき、自分に不都合になるから口にしないときと、相手を思いやって口にしないときの2つの場合があるということになります。 しかし、黙秘権などという言葉があるように、悪いことをするような人ほど、自分が不利になることは言わない傾向があります。 戦争も含め、悪いことをしていると、いろいろ黙っていなければいけないことがたくさんあるということでしょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと