• Coulyne

寂しい人

   一人暮らしのせいだからなのですが、もう一人の誰かの手を借りることができたら便利なのに、と思うときもたまつあるば、時には一人ではどうにもならないこともあります。 重い物を運んだり、家具を移動する時、配線がわからない時などに、誰かの手を借りられたら、と思います。とくにたくさんの買い物をしたときなどは、両手がちぎれるほどに痛くなり、本日特売のサラダ油は別に今日買わなくても良かったかなとか、二本300円のコーラはいくらお買い得でもよしておけば良かったなどと、後悔しながら歩いています。 他の一人暮らしの人たちも、不便な思いをたくさんしているのだろうと思って過ごしていたのですが、たまたま先日、一人暮らしで困っていることは何ですか?、というアンケートの結果が載っていた雑誌を見ました。ところが、かなり多くの人が、それは 「寂しいことだ 」と答えていることに私は驚きました。 私の感覚の中にある 「 寂しい 」 は、愛していた人やぺット、大切にしていた物、あるいは信頼関係を失ってしまった人だけが思うことのように思っていたからです。また、一人暮らしを始めたばかりならやはり寂しいこともあるでしょう。 しかし、一人暮らしを始めてすでに何年も過ぎているのだとしたら、いったいこれまで何をしていたのかと疑問に思えてきたのです。 誰かが一緒に住んでくれないと寂しいのか、毎日ご飯を食べたり遊んでくれる人がいないと寂しいのかはよくわかりませんが、とくに失ったものがあるわけでもない人が、一人暮らしで困ることの一番に寂しさを持ってくること自体が、その人を寂しくしている理由だと、私には思えてきました。 厳しいことを言うようですが、誰かが来て何かしてくれて寂しさを紛らわすような受け身の気持ちでいては、一生ダメだと思うのです。 一人だから楽しめること、学べることも沢山あるし、一人が苦手だったら、自分から外に出て人に会い、心ゆくまで過ごしていても、一人暮らしなら時間も気になりません。 寂しいと言っている人の典型的なタイプというのがあります。 ★困っている、悩んでいる人、貧乏なにはできるだけ関わりたくない。 ★どうでもいい人の誕生日や冠婚葬祭はなるべく誘わないでもらいたい。 ★習いたいと思うものはとくにない。 ★部屋が狭いし散らかっているから人を家に呼びたくない。でも人の家なら行ってもいい。 ★自分で作って食べるのは面倒だから、誰か食事に誘ってくれないかと ( できたらごちそうしてくれるかたちで ) 思っている。 この中で三つ以上思いあたるタイプの人は、恋人も親友もできにくいので、寂しくても仕方ないのです。 例えばどこかに、一人で寂しく暮らすおばあちゃんがいたとします。 それはおじいちゃんに先立たれたり、お友達が病気になったり先に亡くなったりしているから寂しいのであって、若い頃は決して寂しいなんて思わなかったはずなのです。だから受け身でいて寂しい人たちとは、決定的に 「 寂しさ 」 の意味が違うのです。 人を喜ばすこともしない、自分を喜ばす努力もしないで寂しいなどと言うのはおかしな話です。 一生懸命に人との信頼関係や交わり、自分なりの目標を手に入れる努力をした人が、なにかを失ったときに言う 「 寂しい 」 意外は、ただの甘え、ただのたわごとだと私は思いますよ。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと