• Coulyne

恐い恐い

昨日の、「バワハラ予備軍」というブログ、とくにモデルがいたわけではなかったのに、感想に添えて、まるで自分の上司のようだというメールが、男女合わせて四通来ました。 ふむふむ、パワハラ予備軍の上司に苦労している人はたくさんいるのだなと思いました。 上司が変わって、もっと違うタイプの人が上司になってくれるといいのですが、親方が一人あるいはトップが一人というような職場ではそれも難しく、結局は自我に目覚めた良い人材が一人辞め二人辞めして、あとは、イエスマンと、お金のためだけに働く人しか残らない結果になります。 その辺りでトップが異変に気づき、自分を改めるきっかけにしてくれたらいいのですが、辞めた社員の悪口などを言いふらしているようでは、残っていた従業員とも、お金の切れ目が縁の切れ目となります。 恐い恐いと思います。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと