• Coulyne

整理整頓

貧乏性なのかもしれませんが、私は空きビンや空き箱を捨てることができません。 お菓子が入っていたような白い箱は、英字新聞や雑誌の切り抜き、千代紙などを貼って、手紙や文房具を入れる箱にしたり、焼いたクッキーなどをプレゼントするときのギフトボックスにします。 空きビンは、口の広い大きなものは花瓶に(写真)、小さいものはボタン入れにしたり、クリップなどの小さな文房具を入れるのに使っています。 調味料や乾物(干しいたけ、カットわかめ等)はすべて透明な密閉容器にしまうことで、さらに整理整頓ができます。 私は30分で、おかず3品とお味噌汁を作りますが、秘訣はこの引き出し(写真)にあります。これだと必要なものがすぐ取り出せ、何かが足りないということも一目瞭然でわかるからです。 また、私は知るひとぞ知る、引っ越し魔ですが、書類でも調味料でもすべて箱かビンに入っているので、4日もあれば4トンの荷物を一人でまとめられます。 片付けが苦手な方は、まずは空き箱や空きビンを利用してみて下さい。 寒いときだからこそ、暖かい家の中でできる片付けをしてみましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと