• Coulyne

春よ来い


日が長くなってきました。 日照時間とうつ病とは密接な関係があるそうですが、確かに明るい太陽の下にいると、自然に、元気をもらえるような気がしてきます。 また、早寝早起きの引きこもりはめったにいないものですが、太陽の光を効率よく浴びていると、体だけでなく、心の調子まで健康にしてくれるというわけなので、気が塞ぐようなときは、取りあえず早起きをして、日がさして来たらひなたぼっこや日光浴をしてみることで、それ以上に気持ちが落ち込みを予防できます。 昼過ぎまでベッドの中にいて、誰にも会いたくない気分だ、などと言っていれば誰だってうつ気味になるものです。 春はもうそこまでやってきています。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと