• Coulyne

蟻と同じ

気が弱いとか、気が小さい人に限って、自分より弱い人には思いっきり強くなる傾向があります。 強くなるだけならまだいいのですが、自分の方が強いとわかると、バカにしたり軽く見たりする場合あります。 つまり、自分がバカにされたと感じることがあったら、悔しがるより、 自分をバカにした相手は気が小さい人だと思って下さい。 大きな器の人は、決して人をバカにはしないからです。 その辺にいくらでもいる人と自分を比べて、あいつはバカだとか、トロいなどと言っているようでは、小さな蟻たちが、お前より俺の方が大きいと威張っているのと同じす。 高い所から見たらみんな同じで、いったい何を比べているのかさえわからないでしょう。 器の大きな人というのは、いつも高いところから世間を見渡しています。 高い所に視点があるので、大きな動き、つまり大きな出来事以外は、視界に入らないのです。 だからいつも悠々としていて、感情も安定しています。 人と自分を比べて、弱くなったり強くなっているうちは、まだ蟻と一緒です。 高い所からいつもあなたを見ている、神様や御先祖様をがっかりさせないでください。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと