• Coulyne

スイカ

私はスイカが大好きなのだけれど、他の家族はあまり好きではなく、家でスイカを食べるのは私だけです。 だから丸のまま買う勇気はなく、いつも4分の1にカットされたものを買って来ています。 昨日、初物のスイカを買ってきて、ちょうど用事があって来ていた友人と一切れづつ食べ、残りは今日の楽しみにして、さあ食べようと思ったら、もうスイカがなくて、かなりガッカリしました。 孫が朝一番で 食べてしまったのです。 ライバルが出現した気分です。 そういえば、昨日少し分けて食べさせたらとても喜んでいたことを思い出しました。 娘の話しだと、抱っこして冷蔵庫を開けていたら、スイカを発見して、大騒ぎして欲しがったのだそうです。 これで今年からは4分の1ではなく、半分にカットされたスイカを買うことができそうな気がするけれど、孫が成長した証しだと思えばさらに嬉しい気分になります。 冷やしておいたビールを息子さんが飲んでしまうとか、高級美容液の減りが早いと思っていたら娘さんが使っていたと言う話を聞いたことがありますが、苦笑いしながらも子供の成長を喜ぶという点では、スイカも同じ様なわけです。 それにしても、スイカを好むというだけで、孫は私と気が合うかもしれないなどと考えてしまいそうになる自分が、ただただおかしいです。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと