• Coulyne

大晦日

今日は、大晦日です。 大震災や、放射能問題に揺れた一年でしたが、命の尊さ、そして平凡な日常への感謝を学んだ年であったように思います。 ここで一番大切なことは、『忘れない」ということではないでしようか。 災害にかかわらず、大切な出来事、失敗したこと、そこから学んだこと、あるいは苦しかった時に助けてくれた人のこと、支えてくれた人、共に笑った仲間のことなど、今一度思い浮かべて今年を締めくくりましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと