• Coulyne

過干渉

人から干渉されることを好む人はあまりいないと思います。 自分であれこれ判断できるようになるために大人になったのに、いつまでも親に干渉されていたとしたら、一日も早く家を出て、一人暮らしをしたいと思うことでしょう。 親からの干渉は独立することである程度治まりますが、たちの悪いのは、配偶者からの干渉です。 相手が、いつ、どこで、誰と、何をするかをすべて知っていなければ気が済まなかったり、さらには自分の気に入らない人と仲よくすることも許さないとか、買い物ひとつにも口を出されたりすることが続くと、干渉される方は本当に煩わしくなってきて、無意識に嘘をつくことが多くなります。 最初はたわいのない嘘かもしれませんが、だんだん麻痺してくると大胆な嘘をつくようになるかもしれません。 そもそも、嘘をつかれたくない、真実を把握していたい気持ちが強い人が過干渉をするタイプなのです。 それなのに、こういうタイプとうまくやっていくには、嘘をつくしかないのです。 大切な人に嘘をつかれたくないなら、相手の話に耳を傾け、考えを尊重することが肝心です。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと