• Coulyne

名医

どこか痛いとき、手をあててもらうだけで少し痛みが薄れるものですが、「手当て」とはこういうことなのだとわかります。 医師や看護師さんでなくても、自分以外の人間が、この痛みをわかってくれると思うだけで安心するからなのでしょう。 家族などはもちろんのこと、犬などのペットでさえ、飼い主が泣いたりすれば、首を傾げて心配している様子をするのですが、これだって、どんなに飼い主のなぐさめになるかわかりません。 人の痛みを治すには、医師や薬の力を借りたり、時がたつのを待つしかないのですが、その痛みをわかろうとしてくれる人、手をあててくれる人もまた、名医といえるのではないかと思います。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと