• Coulyne

無理

  初対面の人を「 一目見て、無理だと思いました。 」 と言う人がいます。 それは、ちょっと苦手なタイプとか、具体的に、暗そうだったとか不潔っぽかったからという理由を言うわけでもなく、いきなり無理と決めてしまうということなのですが、それは、究極な上から目線だと私は思うのです。 たとえば食べ物が相手なら、すでに苦手な匂いや食感、アレルギーが出るなどの理由で、無理ということがわかっているので仕方のないことだと思います。 しかし、相手が人間で、しかも会ったことがない人に対してのコメントだったとしたら、どこまであなたは偉いのですか、と言いたくなってしまいます。  むしろ私なら、そういうことを言う人を疑問に思ってしまうので、その人が無理だという人の方が、少なくともその人よりは、マトモな人かもしれないと思うくらいです。 人に対して以外でも、スポーツでも仕事でも、無理と言う言葉を多く口にする人は、話をしていても本当につまらない人です。 最初に無理と決めてしまえば、それに関わらずに済んでしまうから、失敗も挫折も達成感もないつまらない人生を送っていて、さらにいつも上から目線の人なのだから、話をしていておもしろいはずがありません。 失敗談、味わった挫折、それらを乗り越えた苦労を語れる人はみなさん謙虚です。 だから話を聞いていてもおもしろいし、心地よい時間が過ぎていくので、その人のまわりにはたくさん人が集まります。 もしかしたら、人に対して無理という人は、他の人からみてその人と付き合うことが無理な人なのかもしれません。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと