• Coulyne

舞茸

今日は朝から、娘が「天ぷらが食べたい、舞茸だけでもいいから食べたい」と言っていたら、昼過ぎに、天ぷら名人の友人が出産祝いを持って訪ねて来てくれました。 天ぷらを作ってくれるということになり、超ラッキー!と思っていたら、そこに宅配物が届き、箱を開けたら素晴らしい舞茸がぎっしり入っていました。 越後湯沢のお客さんからでした。 そこに娘婿のお友だちが、二年ぶりに遊びに来ました。天ぷらは大好物だそうです。 天ぷらがたくさん作れたので近所に住む姪に電話をしたら、たった今バイトが終わったと言うことでした。 こんな日もあるんですね。 時間軸が合っていて全てに無駄がありません。 おまけに二歳の孫は、みんながいるので大はしゃぎ、生まれたばかりの孫はとてもよく寝ていました。 1メートルを越す雪の中から届いた舞茸を、絶妙なタイミングでみんなで美味しくいただくことができ、何だかとても幸せな気分になりました。 感謝です。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと