• Coulyne

良心

仕事の手抜きをする人がたまにいます。 上司の前とそうでないときの態度がまるで違うとか、ご主人が出張中だと手抜きの食事になるようなことです。 また中には、人が見ているとかいないに関係なく、自分が納得するまでしないと気が済まない人もいます。 どちらも一長一短ありますが、人からの信用ということでいえば、後者の方が前者の何倍も信用されます。 「鬼のいぬまに命の洗濯」などという言葉がありますが、それは、常日頃から鬼のように厳しい上司に仕えていた方が言える言葉なので、普段から手抜きをしていた人には当てはまりません。 誰も見ていなくても、必ず見ている人がいるのですが、さてそれは、誰でしょうか。 それは、あなたの「良心」です。良心の存在を無視し続けていると、だんだんしばんでいき、やがてなくなります。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと