• Coulyne

no-title

地下鉄でふたつ先の町に仲の良い友達が住んでいるのですが、この人はよく泊まりで遊びに来るので、パジャマも靴下も我が家に置いてあります。 彼女は離婚をするまで、またしてからもそれなりに苦労をしたのです。 着の身着のままで家を出たのですが、仕事に慣れるに従い、住まいも広くなり、最近は娘さんが近くに引っ越してきたりして、何だかとても幸せそうです。 私は彼女を見ていると、「「終わり良ければすべて良し 」 という言葉が浮かんで来ます。 人の一生を、若年、中年、老年期とわけ、その幸せ度合いを記号で表すと、○○△、○△○、△△○、△○△とか、まあいろいろあるのではないかと思うのです。 でも、○○△より、△△○の方が良いに違いなく、理想は晩年になるほど幸せになることではないかと思います。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

お知らせ

2020/5/27 メール受信の調子が悪くしばらく受信する事ができずご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんでした。 本日から復旧いたしましたのでどうぞお気軽にご連絡ください。

6月に思う

かつて住んだ家は近くに田んぼがあったので、6月の夜ともなるとそれは賑やかな蛙の鳴き声がした。 うるさいほどの蛙の鳴き声を聞きながら、田んぼの畦道に蛍を探しに出掛けたこともあった。 生きていたなら中年にさしかかるであろう息子が、小学5年生の姿で私の前で宿題をやっている。 窓の外は蛙の大合唱。 宿題を終えた子供の頭をなでる、まだ若い母親の自分がいる。 私は若い頃に戻りたいとか、人生をやり直したいなどと